学生時代の同級生とバイクがきっかけで仲良くなった話

昨年、私は成人を迎えたのですが成人式の終了後に中学時代の同窓会があり私も参加していました、その時に学生時代にはあまり喋ったことがない子がオフロードバイクにはまっているという話しをしていて、同じくオフロードバイクを所有している私は嬉しさのあまり、バイク談義に乱入してしまいました。それからバイク好きの、同級生たちとバイクの魅力で盛り上がったのですが、なんと5人中3人がオフロードバイクを所有していると聞き、休日はコースを走り回っているという話を聞き、私は思わず連れて行ってくれとお願いし、休みが合った日に林道を走りにいくことになったのです。

そしてついに待ちわびたその日が来ました、私はカワサキのKLX250というバイクを乗っているのですが、同窓会の時に乗っているバイクを聞いた時に一人が同じバイクと聞いていたので、到着を待っていたのですが、同じKLXに乗っている友人が到着したとき、友人のKLXが真っ赤色に塗装されていてかっこよさのあまり、写真を大量に撮ってしまいました。カラーが変わるだけでこんなにも印象が変わるのかと正直驚きました。

友人のバイクの撮影を終えた私たちは林道をめざしツーリングを始めたのですが、これまで一人で走っていた私は大勢で走る気持ちよさに胸が張り裂けそうになってしまい、林道の入口に到着したときに一人の友人からニヤニヤ笑いすぎと指摘されました。私はどうやら顔に直ぐ出るよタイプの様で嬉しさが表情に出てしまっていたみたいです。

それから4人でオフロードを一日中走り回り楽しみ、帰路についたのですが、同窓会でまさかツーリング仲間を見つける事ができると思っておらず、その日は幸せな一日だったのを今でも覚えています。あれから4年たちますが今でもその3人はとは休日にオフロード走破を楽しんでいます。