芸術と栗の街、長野県小布施町

長野県の北東に位置する小布施町は高井鴻山の町、人口わずか1万1千余りの小さな町ですが長い歴史を感じさせる町です。
ぶどうやリンゴの美味しい、美しい農村でもあります。

北陸新幹線、上越新幹線、長野新幹線、東海道新幹線+特急しなの等に乗り長野駅に到着しましたら、長野電鉄で小布施町へ向かい約35分。
駅の中に観光案内所がありますのでお立ち寄りください。散策コース、宿泊のご相談もできます。

クルマやバイクなら高速自動車道、上信越自動車道でも行けます。
幕末に訪れた葛飾北斎、栗と北斎と花の町と呼ばれる小布施町は、高井鴻山が生まれ生きた町でもあります。

北斎と鴻山は40歳の差がありましたが、旦那様と呼び合い、鴻山は北斎のためにアトリエを建てました。高井鴻山記念館は耐震・修復工事が完成し、北斎館と共にゆったりと絵画を鑑賞できます。

芸術、文化の町は栗の町でもあります。
小布施は良質な栗の産地でもありスイーツ好きにはたまらない。
モンブランや和菓子、アイスクリームと美味しいスイーツが揃っています。

中でもイチオシなのが「カフェえんとつ」。
モンブラン朱雀、季節限定スイーツではありますが(9月半ばから10月まで)、
モンブランと共にお皿にチョコやカシスソース、ナガノパープルがシックに盛られていて、モンブランの中にはセミフレッドが。

全国屈指のモンブランです。私は運よく並ばないで入れましたが、整理券を配る場合もあります。

monb

もう一軒ご紹介。「パティスリー・ロント」地元産の栗とリンゴを使ったケーキ、栗あんが入ったケーキもあります。紅茶やコーヒーと美味しいハーモニーを奏でます。

芸術と出会う、美術館巡りだという前に腹ごしらえを。あるいは美術館を回って疲れた時にスイーツでホッと一息なさってください。

栗菓子の小布施堂 えんとつ
http://www.obusedo.com/store/detail/entotsu.html
パティスリー・ロント
http://www.obusekanko.jp/enjoys/food/obuse120.php